ステンドグラス制作を助ける、ステンドグラス材料・用品・作品作りのアドバイス
confiance(コンフィアンス)公式ブログ

ステンドグラスパネル「絵付け」焼成サンプルとミュシャ

商品の紹介 by

教会などのステンドグラスで使われている「絵付け」という技法があります。

ガラスの絵の具で線や影・色を、窯で焼き付ける技法です。

 

グリザイユ

グリザイユは、線と影をつけるためのもので、焼成温度は670℃くらいです。
グリザイユはこちら

混色も可能ですので、こげ茶をもっと濃くしたいなぁというときは黒を少し混ぜたりできます。

線はワインヴィネガーで絵の具を溶くといいです。
影は水で大丈夫です。

シルバーステインというものもあるのですが、こちらは裏側に使い
焼成温度は600℃で、焼成後粉を拭き取ります。
金色になるので、髪の毛などの部分に使います。
イエローとオレンジがあるのですが、オレンジの方が濃いめの黄色って感じです。

 

エナメル

エナメルとは、色をつけるための絵の具で、フューズマスター社のもので600℃
フェロー社のものは550℃~580℃です。
色や濃さで温度は調整します。

フューズマスター社のエナメルはこちら

フェロー社のエナメル(透明系)はこちら

フェロー社のエナメル(不透明系)はこちら

エナメルは水で溶いて使います。
混色も可能です。

だいたいそんなに粉の状態からは色は変わらないことが多いのですが

これが
結構みどり

ピンクかと思ったら→

オレンジ!

これもピンクかと思ったら→

これもオレンジ!

一度、桜のテーブルを制作してて、ピンクだと思ったらオレンジになっちゃいまして、びっくりしたことがあります。
シールにオレンジって書いてあるのに、ピンクになるのかなぁと思ったんですよね、うっかりしました。
焼いてしまったら、取り返しつきません。

で、いつもは使う色だけちょっと試し焼きとかしてたんですが
今回ミュシャのパネルを作る機会があったので
全色試し焼きしました。

まぁ、水の量とかで色の濃さは多少変わります。
温度も高いと色が飛んでしまいます。
薄いなぁと思ったら、また描いて焼いてください。

各ページに焼成サンプルの画像載せましたので、ご参考までに。

 

ミュシャのステンドグラスパネル

先ほどちらっとミュシャのパネル作ったので~と言いましたがこちらです。

光りを透かすとこんな感じですが、たぶん夜とかは↓こちらに近くなるかなぁ。


ケイムでの組み立て途中ですけども。

頭部分の線を描いたとこです。
このあと影とか髪の毛の色とか付けます。


何回も焼きます。

で、頭の部分と肌色部分は一緒のガラス使ってまして。

フリモントのベージュなんですが、なんだか薄い。。。
他のベージュもいろいろと検討したんですが、濃い。。。色黒になってしまう。。。
ということで、上の薄いガラスにして
裏にエナメルのライトベージュを全面に塗ってみたんです。


まぁ♪良い感じの肌色になりました。
窯から出したときにはガッツポーズでした。
が、なかなか周りにこの喜びは伝わらないので、一人でひっそりガッツポーズです。

そして、なぜ裏に塗ったかというと、
1:裏に着色した方が濃いめに見える
2:絵の具の塗った部分は多少ザラザラすることもあるので、表面はツルっとさせたかった。
ということです。

サイズは145cm×70cmくらいのパネルです。
なかなかの大作でした。

他の部分もいろいろと模索しながらの制作でしたので
とても思い出に残る作品になりました。

絵付けを入れると、また普段とは違ったステンドグラスになりますね。
ステンドグラスって奥が深いです。
だから楽しいですね。

 

Category: 商品の紹介, 制作のポイント・コツ, ステンドグラス制作のコツ, 上級者向け作品例

最後まで見ていただき本当にありがとうございます!皆様の一日一日が素敵で幸せな日々でありますように♪

2 comments on “ステンドグラスパネル「絵付け」焼成サンプルとミュシャ

  1. 素晴らしいですね

    • ありがとうございます。頑張りました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA